国民年金の納付が難しい①

2022年07月19日 11:21
カテゴリ:年金

〜納付猶予制度〜

自営業、自由業、無職の方で50歳未満の方。
保険料を納めることが難しいときは、前年の所得が一定以下の場合、
納付を猶予してもらうことができます。

納付を猶予のため、将来支払いをしなければならないことを
知っておきましょう。

支払いができない場合は、免除制度の申請ができます。
免除制度は、猶予よりも条件が厳しいのですが、
支払いができないのであれば、免除を検討しても良いですね。

令和4年度の国民年金保険料の月額は、16,590円。

申請は、お住まいの市区町村の年金の係まで。
年金手帳か基礎年金番号通知書と身分証明書が必要です。

ファイナンシャル・プランナー CFP®︎ 香月 和政

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)