老後2000万円不足問題の前に・・・①  まずは生活費から

老後の生活費2000万円が不足するという金融庁の報告書の問題で、
先日は持ちきりでした。そういった不安から、相談も増えています。

今回の問題では、
実際の不足額 毎月55,000円  ×  12ヶ月  ×  30年
計算すると、1,980万円⇨  約2,000万円ということですね。

30年とは、65歳から95歳までの30年間と言われています。


では実際には、それだけ不足するのでしょうか?

最近の相談でも、実際にみなさんに計算していただきました。

用意するのは、電卓(スマホ可)、ねんきん定期便があれば、大丈夫です。

ただし、毎月の生活費などわかるものは必要です。
実は、この生活費で不足額も大きく変わります。
毎月50万円かかっている方もいれば、15万円で大丈夫な方もいらっしゃいます。

どのくらいの生活費がかかっているかを知ることが大前提です。

かかっている金額が分からなければ、まずは生活費を確認しましょう。分からなければ、この金額で生活してみると決めて、予算化してしまうのも良いでしょう。毎月25万円で生活してみるなど、決めればある程度の金額がわかるようになります。

まずは、しっかりと生活費の管理をしましょう。

ファイナンシャルプランナー 香月 和政

powered by crayon(クレヨン)