(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-64308676-2', 'auto'); ga('send', 'pageview');

年金の任意加入

Q.60歳になり、老後の年金が現実味をおびてきました。会社を退職しますし、今後ははたらくよていがありません。64歳から厚生年金をもらえるようです。学生時代の国民年金を払っていませんが、年金はちゃんともらうことができますか?
(昭和34年4月23日生まれ男性)
 
A.大学を卒業後厚生年金に加入し、定年まで勤めた場合、約38年厚生年金に加入したことになります。
厚生年金も基礎年金(国民年金)も38年分もらえますが、国民年金の期間が少ないことが気にかかっているようですね。
厚生年金や国民年金については、10年以上加入しているようであれば年金はもらうことができます。ただ期間が短い方は年金額が少なくなります。
 
今の時点で年金を増やす方法としては、公的年金で考えると
1.厚生年金に加入し働く
2.国民年金に任意加入する  2点で考えられます。
 
ただ、今後は働く予定がないということですので、国民年金に任意加入することで、65歳からの年金額を増やすことも可能です。よろしければ、一度相談にお越しください。
(ファイナンシャルプランナー 香月 和政)

powered by crayon(クレヨン)