(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-64308676-2', 'auto'); ga('send', 'pageview');

確定申告時期が過ぎても、還付申告はできる?

例年、所得税の確定申告の時期は、3月15日頃です。
この日までに、前年の所得を確定し、正確な税金を計算し納税します。
正確な申告をし納税しますが、それまでに多く納税している場合、税金を返してもらう事を「還付申告」といい、多く収め過ぎた税金が返ってきます。

もちろん、確定申告は面倒ですが、サラリーマンの医療費控除や申告し忘れの社会保険料控除や生命保険料控除、ふるさと納税などの寄附金控除であれば、一度経験してみると、それほど難しいことはありません。

手続きが面倒だから、やったことがないから、と多く納め過ぎた所得税の還付申告をしない方も多くいるのは確かです。

でも、「確定申告の時期が終わっているから、できないじゃないか?」と言われそうですが、実は、還付申告は5年前の分まで申告することができます。

昨年の分を申告していなければ、今からもできますし、3年前、4年前の分も、源泉徴収票や証明書類などがあれば、申告ができますので、頑張ってみると良いと思います。

powered by crayon(クレヨン)