(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-64308676-2', 'auto'); ga('send', 'pageview');

青色申告について


不動産で賃貸収入がある方からのご相談がありま
した。毎月の家賃収入があり、管理費や修繕等もあ
り、経費はかかっていますが、所得が増える中でも
確定申告をし、税金を納めています。

 相談者さまは、しっかりと収支をつけられている
ようで、申請すれば青色申告をすることが出来るそ
うです。

青色申告をするメリット
 ・最高65万円の所得控除がある
 ・青色事業専従者給与を利用できる
 ・赤字を3年間繰越しや繰戻しができる など

青色申告のデメリット
 ・帳簿をつけなくてはならない

青色申告のデメリットはありますが、白色申告の
場合でも記帳をしなくてはいけません
(平成26年~)。

最近は会計ソフトも充実していますので、パソコ
ンを使える方であれば、青色申告を早めに利用し
ても良いでしょう。

税務署によっては、無料で税理士の派遣や、会計
ソフトを使った記帳の指導もあります。

powered by crayon(クレヨン)